買い戻しの可能性もある

誰しも住み慣れた我が家を手放すのはつらいもの。しかし競売を選択すると、落札者が決定してから少なくとも6か月後までには我が家から退去しなければなりません。

 

リースバックならば退去の必要はない

リースバックを選択すれば、退去の必要は全くありません。支援者が債務者に賃料を支払ってもらうことによって、引き続き自宅に住まわせてもらえるからです。

 

支援者にとっては、家賃収入が入るというのも大きなメリットかも知れません。

 

リースバックを使えば買い戻しの可能性も

いくら住み慣れた我が家とはいえ、借りぐらしではあまり居心地の良いものではありません。任意売却を選択してしまうと、住み慣れた我が家は完全に他人のものとなってしまうので買い戻しをするのは困難を極めます。

 

一方リースバックを選択すると、その時点では支援者が所有している我が家を買い戻す優先的な権利が、債務者に与えられます。もちろん、その時点でまだ買い戻すだけのお金がないのであれば、引き続き賃料を支払って住み続けることもできます。

 

買い戻すだけのお金が十分に集まれば、その時点で買い戻しを行いましょう。買い戻しをした時点で賃貸借契約は完了し、所有権は債務者の元へと戻ってきます。

 

そのためには生活の見直しが必要ともなります。家族で団結をするのはもちろん、他に借金などがあるようであれば借金の解決のための相談なども専門家に行い、無理のない生活レベルになるようにしてください。