引き続き自宅に住める

任意売却の発展形ともいえるリースバックには、数多くのメリットがあります。

 

リースバックで引き続き自宅に住み続けられる

リースバック最大のメリットといえば、引き続き自宅に住み続けられる点でしょう。自宅に住むとはいっても、実際にその家の所有権は債務者にあるわけではなく、リースバックの支援者に所有権があります。

 

債務者は支援者に家賃を支払うことで住まわせてもらっている、というのが実情です。

 

自宅に住み続けられるメリット

賃料を支払ってでも今の自宅に住み続けるのには様々な理由があります。お子さんがいる場合、引っ越しをしてしまうと学区が変更となり学校も転校しなければなりません。

 

引っ越しは子供にとって大きな精神的負担を強いるものであり、引っ越しを機に性格が一変してしまう子供もいます。リースバックを選択することで、引き続きお子さんを同じ学校に行かせられるのです。

 

高齢者の介護をしている人にとって、引っ越しは一大イベントとなります。自分たちでさえ大変な引っ越しなのに、そこに体の不自由な高齢者がつくとなると精神的負担も大変なものです。

 

そして、引っ越し費用の問題もあります。競売では引っ越し費用の負担はないので全額自腹となりますが、リースバックならば引っ越し費用を支払わなくてもいいのです。

 

様々な面でメリットがあるリースバックですが、しっかりとした内容を知らないと後で困る可能性もあります。安易に進めるのではなく、借金の整理にも関わる問題となるので借金解決の無料相談を行うべきでしょう。